開拓中

山林に井戸水は出るのか?

前回の記事の続き。水をどうするか?

 

その前に前回貼り忘れた写真。

先週末、茨城から富士宮に出張中のキャンプ仲間が来てくれたので、高台サイトに泊まってもらいました。

f:id:CAMPBEAN:20190411212704j:plain

スノーピーク、アメニティドームS。白い点々はヤマザクラの花びらです。

f:id:CAMPBEAN:20190411212731j:plain

ちょうどいい広さで快適、とお褒めの言葉をいただきました✌️

何より薪使い放題という贅沢な環境が珍しかったらしく、深夜2時過ぎまで焚き火を楽しんだそう。

でもそこ、僕の汗と鼻水が滴り落ちてるサイトです😁

 

さて、

 

水をどうするか?

 

これは土地を購入する前から悩んでいたこと。

購入前に地元の井戸業者に確認したら、標高やこのあたりの地層、付近のボーリング調査の結果をもとに、「まあ掘れば出ると思います。ただ20〜40mで出るのか、100m掘らないと出ないのかはやってみないとわからない。」と言われていた。

 

費用は1日あたりの単価ではなくて掘った深さで計算するのが標準だそうで、1mあたり3万7000円。

つまり40m掘って水が出たとしたら掘削代は約150万。そこにポンプ代等は含まれない。10m以上の深井戸になると水中ポンプも必要になるのでいろいろ合わせると200万近くかかる。たとえ水が出なかったとしても、人も動くしボーリングマシンも使うので掘削料金はとうぜん発生する。

値引き交渉をしたわけじゃないので実際はもっと安くなるかもしれないけど、井戸を掘るにはお金がかかる。必ず出るという保証はないし、掘り進めてもなかなか出ない場合どうしたらいいのかもわからない。

 

覚悟していたつもりだったが、ショック。

ほげ〜っ🤯という印象を受けた。

 

そこからずっと思考停止した状態で土地購入から伐採開拓作業まで突き進んできたけど、そろそろ真剣に考えないといけないところまで来たというのが今日この頃です。

サイトは徐々に増やしていけばいいけど、水がないことには何も始まらない。

 

しかし、いかんせん平均的年収のごく普通のサラリーマン いち個人が始めたことなので潤沢な資金などあるわけない。

他に予算を確保しとかなきゃいけないことは山ほどある。

 

井戸以外に水を手に入れる方法はないものか?

 

うちの土地は盆地状になっているので斜面に雨水を集める配管を埋設して、水タンクに貯めて使うというのでもいいと思う。

飲み水は10kmくらい離れたとこにある湧き水を汲んでくるか、ウォーターサーバに頼る。

でもその場合、日照りが続けば水はなくなる。

 

さて、どうしたものか?

 

お金はないけどやっぱり井戸がほしい。

井戸がほしいけどさっぱりお金がない。

 

辻褄が合わないことを言ってるようだが、人間が悩むことや世の中の難問というのは大体矛盾をはらんでいるものだ。

 

さて、どうしましょう?

 

悩んでいても仕方ないので、試しに井戸を掘りながら考えようと思いました。

実は先月末から試し掘りしているところです。

あくまで試し掘り。

まあ素人がいくら掘ったところで、こんな山奥で水を出せるわけがない、本気で掘れるなんて思っちゃいないです。

ただ、全力で試し掘りしてみるだけです。 

 

詳しくはまくじろーさんがまとめています。またの機会に。